国際離婚のトラブルで弁護士へ相談

国際離婚に強い弁護士に相談のおすすめ

ハーグ条約について

ハーグ条約という言葉を聞いたことはあるでしょうか。これは、国際法の取り決めであり、「子供の連れ去り」防止の為の条約となります。このハーグ条約は、国際結婚をして、離婚となった場合に、相手の了承も得ずに本国に子供を連れ帰るという事件が多く発生してしまった為に、取り決めが設定されました。日本もこの条約に締結し、加盟国となっています。この条約に締結する以前は、日本から海外へ連れ去られた場合、親は自分で探し出して裁判書に手続きをするという必要がありましたが、このハーグ条約の締結により、双方の国の国際協力を得ることができ、問題をスムーズに解決することを可能としました。

しかしながら、このハーグ条約があるある為に、外国で国際離婚をしてしまった際に、日本人女性が子供を日本に連れて帰りたくてもできないという事態に陥ることがあります。外国の裁判書が帰国を認めなかった場合には、親権があっても母子一緒に帰国することは叶いません。

このように、国際結婚の場合には、思うように行かないこと、どうにもできないことが多々ありますので、一人で抱え込むには限界がありますので、初期段階から、国際離婚に強い弁護士を味方につけておくことをお勧めします。