国際離婚のトラブルで弁護士へ相談

国際離婚に強い弁護士に相談のおすすめ

離婚トラブルの解決法

自由に世界中を行き交うことができる現代社会では、国際カップルも年々増加しています。その一方で、結婚後、上手くいかなくなって離婚を考えた場合に、国際結婚であるが故に、簡単に解決できない離婚のトラブルが発生します。離婚のトラブルは、日本人同士であっても、一度揉めてしまうと容易に解決しません。それが国際結婚ともなると、何から手をつけてよいか分からないという人も多いのではないでしょうか。

日本人同士であれば、慰謝料の請求をすることもできますが、国際離婚の場合はどうなるのでしょうか。また、どちらの国の法律が適応されるのでしょうか。国によってもその対応は大きく異なりますので、国際離婚を考えている人は、相手の国の法律について、しっかりと確認をする必要があります。

国際離婚で大きな問題となるのは、夫婦の片方が日本に本拠地を置く日本人として、日本の法律が適応され、離婚が成立しても、外国人配偶者が本国へ帰国してしまった場合に、離婚が認められるかどうかは、本国の法律によって変わってきます。相手が日本に住んでいる場合には、日本の法律に従って、慰謝料等の請求は可能です。慰謝料を請求できるケースは、離婚する相手に不貞行為やDV、金銭トラブルがあった場合になります。

このように、全てが日本で行われる場合には、比較的わかりやすいこともありますが、実際には、相手が帰国したり、子供がいたりすると容易には進みません。そんな時は、国際離婚に強い弁護士に相談されることをお勧めします。